パンチング、ツイスト、ニッティング

毛皮そのものを、使用できることはまずありません。

人間の手によって、綺麗に毛並みを整えられ、さまざまな方法で綺麗に加工されていきます。
中でも有名な方法は、ブリーチや染色、プリントに型押し等が上げられますよね。

さて、他にも毛皮を加工する方法があることをご存じでしょうか?
今日はあまり耳にしない加工方法をご紹介したいと思います。
加工名称を知らなくても、加工された毛皮なら、一度くらい見たことがあるかもしれませんね。

まずはパンチングです。
これは毛皮に円形や角形などの穴を連続してあけることを言います。
これは穴の形などにより、軽量化を図るための技法です。
程度は異なるのですが、おおよそで20〜40%前後は軽くなるそうです。

次はツイストです。
名前の通りツイスト状に加工するものです。
細く切った毛皮の先端をまとめ、片方を機械などで巻き上げ1本のひも状に仕上げます。
この方法だと、少ない毛皮でも十分なボリュームを出すことが出来るため、よく用いられる手法です。

そしてニッティングですが、これは細く切った毛皮とニットを、共に編み込んでいく加工方法を指します。
この方法を用いることで、ストレッチタイプや軽いセーターに酷似した間隔の毛皮が出来上がります。

名所はしらなくても、パッチング、ツイスト、ニッティングは一度は目にしたことがあるものだと思います。

また、これらの加工方法は、毛皮だけでなく革製品や毛糸などにも用いられているようです。

こういった買取専門店(http://brand-star.info/fur/)などでも売買されているので注目してみてはいかがでしょうか。